トップ > インターネット > Googleロゴ > Googleロゴ「芥川龍之介」生誕121周年

Googleロゴ「芥川龍之介」生誕121周年

  • スポンサードリンク

芥川龍之介 生誕121周年2013年3月1日のGoogleロゴは、芥川龍之介でした。

芥川龍之介は、1892年(明治25年)3月1日生まれの日本の小説家。生誕121周年と言う事で本日のロゴになったようです。

121周年ってちょっと中途半端な気もしますが…

芥川龍之介 – Wikipediaによると

作品の多くは短編である。また、「芋粥」「藪の中」「地獄変」「歯車」など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。「蜘蛛の糸」「杜子春」といった児童向けの作品も書いている。

ちなみにロゴは「羅生門」をモチーフとしたもののようですね。

【送料無料】羅生門 [ 芥川龍之介 ]

「蜘蛛の糸」は、昔英語の教科書に出てきたような記憶があります。

今でも根強いファンがいて読み続けられる作品を数多く残していますが、このころの文豪と呼ばれた人たち太宰治や夏目漱石、川端康成などって改めて凄いと思いますよね。

100年後も作品が読み続けられるような今の小説家ってちょっと想像がつきません。

ちなみにこの羅生門地獄変ってタイトルも気になります。

【送料無料】羅生門/地獄変 [ 芥川龍之介 ]

  • スポンサードリンク

カテゴリー: Googleロゴコメント(0)